ディクテーションについて、効果的なやり方

 

英語の勉強のなかでも特に大切なディクテーション。効果的なやり方を身につけると苦手に感じていた英語もすらすら吸収できるようになります。

 

英語を習得するには色々なトレーニング方法がありますが、ディクテーションは効果的な勉強のやり方として近年とても注目をされていますよね。

 

英語は読み書きができるけれど聞き取りや話すのは苦手、という方は大変多いのですがそれも練習次第ではどんどんスキルアップさせることが可能です。

 

では早速ですがディクテーションの効果的なやり方についてご紹介したいと思います。

 

ぜひ参考にして勉強に役立ててくださいね。

 

ポイント1:ディくテーションとは何?

 

 

そもそもディクテーションの効果的なやり方を始める前に理解しておきたいことは、一体ディクテーションとは何か?という点ですね。

 

色々な英語学習方法が世の中にはありますが、一番大切なことは自分に合った勉強方法を取り入れるという点です。

 

語学の勉強は決して一夜でできるものではありません。

 

飽きずに継続して学習できる方法を意識する点も大切ですね。

 

ではディクテーションという勉強方法ですが、これは英語を聞き取り文章にするという練習方法です。

 

英語を音声として聞き取りそれを全文書きとる学習です。

 

この英語トレーニング方法が最近とても人気があり、専用の教材なども種類豊富に販売されていますね。

 

ポイント2:苦手な部分を理解する

 

 

ディクテーションの効果的なやり方は、まず苦手な発音を理解することがポイントです。

 

始めは英語全文を書きとるのは大変難しいと思いますので、わかる単語から書きとめるだけでも充分です。

 

同じ音声を繰り返し聞いていくうちにわかる発音と聞き取れない発音がはっきりと自分で把握できるようになります。

 

苦手な単語や発音を重点的に練習することができる為、ディクテーションは聞き取り力をアップする効果があります。

 

日常的な英会話では相手の言葉が聞き取れない場合は、「聞き返す」ということができますが、ディクテーションは一方的に音を聞きとる練習なので、さらに集中力を高めてリスニングができる点もメリットです。

 

ポイント3:集中して聴くこと

 

 

ディクテーションの効果的なやり方はとにかく集中して聴きとること。

 

ディクテーションは一部では効率が悪いと考える方もいるようですが、繰り返しの聞き取りは集中力を高める効果がありますので、英語を流して聞いてしまうという方にはとてもメリットになります。

 

ディクテーションを効率よく行うためには、まず全文を何度も繰り返すのではなく、ある程度の長さに区切って繰り返して聞き取りをする練習が必要です。

 

書き聞き取れない部分を集中してなんども繰り返して聞いてみるとよいでしょう。

 

少しでも聞き取れる単語の数が増えてくれば、それは上達している証拠です。

 

モチベーションを高くトレーニングをしましょうね。

 

ポイント4:音として聴きとること

 

 

英語の勉強が始めの方にはいきなり英語の音声を聞いても全く聞き取れない、意味すらわからないという状態ですよね。

 

そこで初心者の方にお勧めしたいディクテーションの効果的なやり方は、まず文章の意味を理解するのではなく音としてひろう練習です。

 

英語の音声を聞いてわかる単語だけをどんどん書きとりましょう。

 

英語が苦手な方はリスニングをしながらその意味を理解するという作業が同時に行えません。

 

一度にやろうとすると、どちらも中途半端な状態になってしまうため、まずは意味が分からなくても音として英語を耳に慣らしていくことが大切です。

 

失敗を何度も繰り返す方が、自分の苦手部分を発見しやすいですよ。

 

ポイント5:自分に合った教材を使おう

 

 

ディクテーションの効果的なやり方に欠かせないものが教材です。

 

英語学習の教材は種類も大変多く、すぐにぺらぺらになるという宣伝文句もよく見かけます。

 

大事なことは自分にあった教材を見つけることで、毎日継続してトレーニングができるものを見つけましょう。

 

音声の再生CD、書き取りようの機器など色々なタイプがありますので、効率的にできる教材を色々比較してくださいね。

 

またネットでは無料でディクテーション学習が行えるサイトもあります。初めての方は値段が高い教材を購入して失敗する場合もありますので、まずは手軽にできる練習教材から始めるとよいでしょう。

 

本格的に勉強をするには使いやすい市販の教材もオススメですよ。

 

 

ご紹介した5つのポイントに注意しながら早速ディクテーション学習をはじめましょう。

 

英語は聞く、話す、読む、書く、のすべてのバランスがとれて初めて会話もスムーズに行えます。

 

日本人が苦手な英語の聴き取りはディクテーションでまず基礎力を養いましょう。集中して音を聴き取ること、そしてとにかく繰り返し練習することが英語を習得する最大のポイントなのです。

 

苦手意識をなくすためには慌てずに少しずつスキルアップしていきましょう。

 

上達してる実感を感じるごとにさらに英語が好きになるはずですよ。