シャドーイングについて、メリット・デメリット、効果的なやり方

 

英語学習を始めた方の中には「シャドーイング」と呼ばれる勉強法を行っている人もいると思います。

 

英語を上達させたい、読み書きはできるけど会話ができないという悩みを持った方はとても多いですよね。

 

英語教材も大変種類が多く、色々と魅力的な宣伝を見ると飛びつきたくもなります。

 

しかしほとんどの方が自分にあった英語学習を選択していない為、本来ならもっと上達できる人でもなかなか効果が出せないのが現状。

 

シャドーイングは英語学習にメリットになるのか、それとも効果はないのか、早速特徴についてご紹介したいと思います。

 

シャドーイングって何?

 

シャドーイングという英語学習法が近年話題になっていますが、そもそもこの方法は聞き取った英語を自分で声を出してオウム返しのように発音する方法。

 

影のように後ろからついていくイメージのためシャドーイングと呼ばれています。

 

例えば音声が「What time is it?」と発音したら自分もそのあとに続いて同じく「What time is it?」と聞き取った文章を発音する方法です。

 

英語を上達させる為にはリスニングのスキルはとても大切なカギを握っていますよね。

 

日本人の苦手な英語のリスニング力を向上させるための方法として、シャドーイングを取り入れて勉強される方がとても増えています。

 

しかしなかには全く効果が出ない人も多く、シャドーイングにはメリットとデメリットがありますので、まずは特徴を理解してから始めましょう。

 

シャドーイングのメリットは?

 

 

シャドーイングは相手が発音した音声をまねること。

 

そのためメリットの一つとして暗記力が向上する点があげられます。聞き取った英語を理解して、文章を書きとらずにそのまま繰り返すと早く覚えられる効果がありますよね。

 

またメリットにはリスニング力を向上させる効果もあります。

 

人の言うことを真似するためにはしっかり聞き取ることが基本。

 

そのためシャドーイングの最大の特徴はリスニング力が鍛えられる点なのです。

 

そしてもう一つのメリットは発音の練習ができること。

 

シャドーイングを繰り返すと単語数が多く覚えられるのと同時に発音のスキルも向上させることができますよね。

 

英会話を実践するにも大変メリットがあり、会話のペースをアップさせる効果がありますので、トイックの勉強方法としても人気があります。

 

シャドーイングのデメリットは? 

 

シャドーイングは残念ながらすべての人に効果があるものではありません。

 

英会話のビギナーにとっては音声だけを聞き取り真似するのはとても難しいこと。

 

中級者でもはじめのうちは簡単な音声すら真似できない場合があるといわれています。

 

シャドーイングは簡単な練習法ではありませんので、すべてのレベルの人に効果がでる方法ではないのです。

 

またシャドーイングは音声をだけを真似する点に意識してしまうため、文章としての意味が理解できないまま終わってしまう場合もよくあります。

 

リスニングをして単語を理解し自分で発音しながら意味も理解する、という難易度が非常に高い練習方法ですね。

 

いきなりシャドーイングを始めるとリスニング力もスピーキング力もどれも中途半端になる可能性があるのです。

 

シャドーイングで上達する方法 

 

赤ちゃんが言葉を覚えるように音声を聞くだけで言語を覚えるには限界があります。

 

シャドーイングで上達する為には、ただ音を真似するだけでは正しい発音が身につかない可能性もあります。

 

そこで上手にこの練習法を取り入れる為にはまず一つ一つの単語の発音を習得することが大切。

 

発音記号を理解して正しい音として身につけましょう。

 

いきなり知らない単語を聴いてなんとなく音を真似するのは簡単ですが、実際にはそれだけでは相手に理解できない発音になってしまいます。

 

シャドーイングはリスニングと発音を同時に練習できるメリットがありますが、ただ相手の言葉を繰り返すのだけでなく、まずは英語の基礎を身に着けてから始めることをオススメします。

 

発音やイントネーションをしっかり真似するように、何度も繰り返しまずは聞くことが大切ですね。

 

シャドーイングが向いている人 

 

シャドーイングが向いているのは中級もしくはそれ以上のレベルの人。

 

簡単なフレーズをいくつかすでに知っている場合は、シャドーイングの効果が出やすい可能性があります。

 

シャドーイング用の教材も色々ありますので、いきなり難しいものに挑戦するよりも簡単にできるものから始めましょう。

 

自分のレベルよりも若干低めの練習から始めるのがポイントです。

 

シャドーイングでは実際映画の音声を真似する練習などもあり英会話の実践的な訓練になりますが、初めての方はプロのナレーターの音声の方が良いでしょう。

 

単語がはっきり聞き取れ、しかもスピードもゆっくりしているのでわかりやすいメリットがあります。

 

シャドーイングもそれぞれのレベルに合わせた学習法を行うことが最も大切な点。

 

好きな話題や興味のある内容のストーリーなどを選び楽しみながら続けてくださいね。