日常英会話を理解するのに必要な単語数・量・レベルはどの位?

 

日常英会話の基礎となるのが単語数の量。

 

発音を聞き分けるには単語を知らなければ会話の中で言葉を拾うことができませんよね。

 

大人になってから語学を勉強するのは、赤ちゃんが言葉を覚えるのとは少し仕組みが異なっています。

 

頭の中はすでに自分に言語がインプットされている為、外国語を認識するためには基礎から勉強をすることが重要なのです。

 

では、日常英会話に必要になる単語数はどれぐらいあると思いますか?

 

私達も日本語すべての言葉を理解している訳ではありませんよね。ネイティブにも知らない単語はたくさんあるのです。

 

そこで、ここでは日常会話を理解する為に必要な単語数やそのレベルについてご紹介していきます。

 

日常会話には膨大な数の単語数は必要ない 

 

日常英会話は知っている単語数が多いほどいいと思われていますが、実際に使用されている単語数ってそれほど多くはないのです。

 

これから日常英会話を始めようと考えている方にとっては単語暗記は壁になっていますよね。

 

しかしそれほど負担に感じることはありません。

 

日本語を話すのと同様に普段の会話で使う単語って意外と限られているのです。

 

大切なポイントは自分の意思表示ができるために必要な量の単語数を知っていれば良いのです。

 

英語リスニングでは文法や単語数が上達のカギを握っていますが、ビジネスや医療などの専門用語はネイティブでも理解できない単語があるほどです。

 

まずは日常的に使う単語から覚えていきましょう。 

 

日常会話で必要な単語数とは

 

日常英会話で必要な単語数は500単語程度だといわれています。

 

実は単語数をもっと増やさないといけないと焦る必要はないのです。

 

それよりも日常的に使う単語をしっかり身につけることが重要なポイント。

 

日本の大学受験では必要な英単語の数が8000語前後になりますが、しかしこの単語をすべて使って日常的な会話をしているのではありません。

 

英字新聞では3000単語前後、そして全体的な会話には1500単語前後で構成されているといわれています。

 

話題の内容によっては専門的な単語が必要不可欠ですが、日常的には最低限の単語数で充分にコミュニケーションがとれることを覚えておきましょう。

 

意味を同時に理解すること

 

日常英会話のトレーニングをするには単語力を上げることは欠かせませんが、しかし会話には発音やリスニングなどあらゆる角度での勉強が必要ですよね。

 

そこで単語を覚える時のコツとして意味を同時に理解したほうが記憶されやすいという点があります。

 

印象に残る言葉ってありますが試験勉強でしっかり覚えたはずの単語がどうしても思い出せないことがありますよね。

 

しかし記憶の中では印象に残っている単語もたくさんあります。

 

このように長期間単語を記憶するためには理解することがポイントです。

 

そのためそれぞれの単語の意味を理解しておくと、一度暗記した単語も記憶の中に保存しやすくなりますよ。

 

日常英会話で必要な英単語レベルは中学から高校レベル

 

日常英会話を理解するための単語数は意外と少ないですよね。

 

では参考までに英検のレベルごとに必要な英単語数をチェックしてみましょう。

 

ビギナーの英検5級では約600語、3級で2100語、2級は5000語、準1級は8000語、そして1級が1万語から1万5千語といわれています。

 

高校卒業段階で英単語は3000語といわれていますので、英検の1級レベルをクリアするためにはかなりの単語数が必要になります。

 

しかしご安心ください。日常英会話は英検の5級から4級程度のレベルでも充分に理解できるのです。

 

それは中学英語と同じレベルのため、決して特別な専門用語を勉強する必要はないのです。

 

単語を使いこなすテクニックを身につけよう

 

日常英会話で最低限必要な単語数は500単語程度。

 

2000単語程度知っていればほとんどの日常会話は問題なく理解できるレベルです。

 

そこで大切なことは知っている単語をうまく活用するという点なのです。

 

英会話では相手の言っている事を理解しないといけませんが、同時に自分の意志表示をする為にも英単語が必要になります。

 

日常的に使う単語をマスターすれば、活用方法によっては色々な表現が可能になります。

 

また難しい言葉を使わなくても、自分が言いたいことは相手に伝えることができるのです。

 

コミュニケーションの基本は、どうやって言葉を選ぶかではなく言葉の使い方なのです。

 

機能性を高く英単語が活用できるのが理想ですね。

 

難しい単語を増やすよりも、句動詞を覚える

 

日本人の英語力(リスニング力・スピーキング力)の低さには、句動詞の理解の低さが挙げられます。

 

句動詞とは「動詞+前置詞or副詞」系によって構成されている、それ一つで意味持ち、動詞のように働く言葉のことです。

 

例えば、get to...(...に着く)とか、carry on (続ける) blew up(爆発する)等「簡単な単語で構成されているのに、英語で会話をしている人の言っている事がよくわからなかった・・・」という問題は、この句動詞の知識不足が一つの要因だと思います。

 

句動詞をたくさんインプットすることによって、リスニング力をもう一段引き上げることができますよ。

 

どうでしょうか?

 

日常英会話を理解するためにはもちろんたくさんの単語数を知っているほうが有利ではありますが、英語学習で失敗しないためには自分のできる分野を強化して徐々に幅を広げていくことが大切ですね。

 

単語数はいきなり膨大な数を覚えようとすると勉強のモチベーションも下がってしまいます。

 

最低限の単語数をしっかり身につけ、そこから徐々にレベルアップしていきましょう。

 

英語は日本語と同様に色々な表現方法があります。

 

習慣的に使われる単語から重点的に覚えていきましょう。

おすすめ関連記事一覧

 

 

日常英会話を理解するのに必要な英単語数・量はどの位?

日常英会話の基礎となるのが単語数の量。発音を聞き分けるには単語を知らなければ会話の中で言葉を拾うことができませんよね。大人になってから語学を勉強するのは、赤ちゃんが言葉を覚えるのとは少し仕組みが異なっています。頭の中はすでに自分に言語がインプットされている為、外国語を認識するためには基礎から勉強をす...

≫続きを読む

単語力(語集)を伸ばそう!増やそう!効果的な伸ばし方・増やし方。

Q:英単語の数がなかなか増えません。一度覚えても時間が経つと意味を忘れてしまいます。どうやったら単語力ってつけられるのでしょうか。A:単語力を伸ばすことは英語力を向上させるために欠かせない点の一つですよね。どうしても英単語がすらすら暗記できなくて悩んでいる方は非常に多いですね。単語力を伸ばす為には一...

≫続きを読む