英語のリンキング・リエゾンって何?知れば知るほど聞きとれる!

多くの英会話学習者が、比較的最初の段階で抱く「違和感・疑問」があります。

 

それは英語が話せる人への下記のような質問へと変わります。

 

 

 

Q:英語の聞き取りができなくて悩んでいます。ゆっくりのスピードで単語ごとにはっきり発音している場合はわかりやすいのですが、ネイティブの速さになると全く聞き取れません。どうすれば聞き取りが上達するのでしょうか?

 

という質問。これに対する答えとして・・・

 

英語の聞き取りの練習でまず知っておきたいのが、「リエゾン」です。

 

ネイティブの英語が聞き取れない原因は、英語の音に変化がある為です。

 

二つの単語を別々に発音した場合と会話の中では全く違う一つの単語のように聞こえる場合があり、日本人の単語発音の先入観ではこの違いが把握できないのです。

 

ネイティブの聞き取りを練習するためにはリンキング・リエゾンからまずは学ぶことをオススメします。自然の会話力をつける為の一番の近道だと思いますよ。

 

リンキング・リエゾンってなに?

 

 

英語の聞き取り学習で役にたるリエゾン(リンクング)とは、もともとはフランス語で起きる音の変化を示したものと言われています。

 

リエゾンを理解すると、諦めていたネイティブの聞き取り補助ができるようになるため、徐々に会話の意味も理解しやすくなります。

 

ネイティブの英語を文字として読んだ場合と聞き取りで比べると全く想像もしないような単語の発音が出てきます。

 

これは単語を続けて発音した際に音がつながるリエゾン(リンキング)のため。単語が単体でもこの現象は起きる場合があり、実は日本語でも同様に音が変化していることがあります。

 

日本語の一例をご紹介しましょう。漢字で「反応」と書いてもはんおうとは読まず「はんのう」と音がつながりますよね、英語の聞き取りは、この音がつながるリエゾンが上達する際のコツになるのです。

 

スピードがゆっくりの会話や、活字として読みながら聞き取れる時は比較的理解しやすいですよね。英語の歌の歌詞を読みながら聞いていると単語が一つ一つ広いやすいのと同じことなのです。

 

リエゾンの種類について

 

 

リエゾンと言っても色々なパターンで音が変化しています。英語の場合は日本語と違い、音が全く聞こえない発音やほとんど聞こえないぐらいの発音になるなど、またつながって新しい音として発音される場合など色々。

 

そこでぜひ知っておきたいリエゾンのパターンをご紹介したいと思います。

 

1.最初の音が聞こえない単語 
2.子音と母音が繋がり別の音になる発音 
3.同じ音が続いて消えてしまう単語 
4.最後の音が消えている単語 
5.まったく別の発音になる単語 
6.きこえないぐらいの小さな音で発音される単語 

 

このようにいくつかのパターンがありますが、リスニング学習で知っておきたいのは多く分けて4つ。
リエゾン・フラップ・リダクション・ウィーキングと呼ばれています。

 

リエゾンという呼び名はフランス語が始まりで、英語で示したものがリンキングという方もいますがどちらも単語の発音が変わることを意味した同じ言葉。

 

いくら英語を聞き取ろうとしてもなかなか理解できない方、ビギナーのリスニング学習のサポートにリエゾンをぜひ習得しておくとよいでしょう。

 

リエゾンを学ぶメリットについて 

 

 

リエゾンを学ぶとネイティブの会話が聞き取りやすくなります。また英語をリズムとして理解できるようになるため、発音力もアップするためネイティブが理解しやすいメリットもあります。

 

またリエゾンは普段の日常英会話として身につくため、自分の英語力にさらに自信をつける効果もありますよね。

 

聞き取りは英語学習のまず第一歩。リエゾンはまずに見つけたいスキルとして意識しましょう。

 

そこで参考になる一例をご紹介します。語尾の子音と次の母音がつくよくあるパターン Can I have an orange? この英文を一つ区切って発音すると、キャン アイ ハヴ アン オーレンジになります。しかしネイティブは単語の最後と次の頭をつけて発音するため、キャナイハヴァノーレンジと聞こえます。二つの単語では stand up がスタンド アップが一つになりスタンダップ、get onがゲット オンではなく ゲロンと聞こえるのです。

 

リエゾンを学ぶ方法について

 

 

英単語は数えきれないほどあり、リエゾンのパターンも数知れず膨大にあります。

 

そんなに限りなくリスニングを覚えるのは無理、と諦めてしまう前にリエゾン学習のコツを知っておきましょう。

 

まず参考になるのがリエゾン学習の参考サイトや教本。よく使われるパターンをまず大雑把に理解して会話の中から徐々に聞き取りができるように練習しましょう。

 

リエゾンは細かい注意点を気にしていてはなかなか上達しません。とにかく音を聞き取る練習が必要。

 

大事なのは、ネイティブの発音を聞こえたままに受け取ること。「あぁ、このセンテンスはこういう音になるんだ」と理解しながらリスニングをすることが大切です。

 

そのためには洋画を英語字幕で見ることや、文字付の音声を聞く機会を増やすと良いでしょう。

 

始めはひとつの文章を繰り返し聞き、単語をそれぞれ分けましょう。聞き取れない部分の単語のつながりを理解して音の変化を覚えていくのです。

 

リエゾンはまず聞き取りから。ここで自分の発音も一緒に気にしてしまうとなかなか先に進めませんので、聞き取る会話のスピードを調整しながら、徐々に理解できる単語を増やしていきましょう。

 

聞き取れない音の変化は頭になじませていくことが上達する秘訣ですね。

 

 

おすすめ関連記事一覧

 

 

正しい発音がわかれば聞き取れる!発音の重要性

英語のリスニングを上達させるには、発音方法を身につけることがとても重要なポイントです。英語は読めるけどネイティブのような発音をするのは苦手、という方が多いですよね。自分が正しく発音ができないと聴き取りにも問題が出てしまいます。なぜ英語リスニングが苦手なのか、その原因の一つにある発音の重要性について注...

≫続きを読む

英語のリンキング・リエゾンって何?知れば知るほど聞きとれる!

多くの英会話学習者が、比較的最初の段階で抱く「違和感・疑問」があります。それは英語が話せる人への下記のような質問へと変わります。Q:英語の聞き取りができなくて悩んでいます。ゆっくりのスピードで単語ごとにはっきり発音している場合はわかりやすいのですが、ネイティブの速さになると全く聞き取れません。どうす...

≫続きを読む

フォニックスって何?発音の理解に劇的効果アリ!?

フォニックスに関する疑問を持つ方がとても多いのですが、本当に発音には便利な学習方法なのでしょうか。フォニックスを学ぶと単語の正しい発音の組み立てができるといわれています。幼児向けの英語教材でも大変力を入れているフォニックス。フォニックスとは一体何か、そして英語学習にはどんな効果があるのか早速ご紹介し...

≫続きを読む