フォニックスって何?発音の理解に劇的効果アリ!?

 

フォニックスに関する疑問を持つ方がとても多いのですが、本当に発音には便利な学習方法なのでしょうか。

 

フォニックスを学ぶと単語の正しい発音の組み立てができるといわれています。

 

幼児向けの英語教材でも大変力を入れているフォニックス。

 

フォニックスとは一体何か、そして英語学習にはどんな効果があるのか早速ご紹介したいと思います。

 

英語が苦手な方、初めて英会話を始める方。

 

発音を勉強する際の基礎となるフォニックスのアレコレについてまずは理解しておくと良いでしょう。

 

苦手意識をなくすには、デキるところから強化していく点がポイントですよ。

 

・フォニックスってなに?

 

 

フォニックスとは音声学習方法で、文字と発音の関係性を学ぶこと。

 

フォニックスはもともとは英語圏で暮らす子供たちの為に始まった学習方法で、単語の読み取りや発音を練習するためのものです。

 

アルファベットは皆さんご存知のようにA.B.Cはエービーシと読みますが、これは発音でなく文字の名前。

 

アルファベットの一つごとに決められた音があり、これを学ぶことで単語が読めるようになるのです。

 

例えば「DOG」という単語があります。

 

初めてこの単語を見た時に、ディー、オー、ジーと一つ一つの文字の名前はわかりますが、それをつなげても「ドッグ」の発音にはなりませんよね。

 

フォニックスではDがダッ、Oがオ、Gがガッと発音します。その3つをつなげて初めてドッグという発音が出来上がるのです。

 

・フォニックスの勉強方法について教えて!

 

フォニックスを勉強するには、ある程度英語の基礎が出来上がっているほうが習得しやすい特徴があります。

 

まったく英単語の意味が分からず、英文を見てもちんぷんかんぷんでは文字の発音ができても単語としてピンとこないのです。

 

そこでフォニックスを学習する前は、絵本などの簡単な文章の読み取りや聞き取りができるぐらいのレベルにしておくことが理想です。

 

フォニックスを取り入れている英会話教室も大変増えていますが、しっかり身に着ける為にはまったくの初心者よりも、基礎があったほうがスピーディに覚えられます。

 

単語を見てなんとなく意味が分かるぐらいの英語学習も同時にはじめましょう。

 

・フォニックスは子供が勉強するものなの?

 

フォニックスはもともと子供の英語教育として行われるものですが、大人がフォニックスを勉強することも全く無駄ではありません。

 

しかし将来的にしっかり英語を自分のモノとして習得するには、小学校の低学年〜中学年ぐらいが始めるには一番よいタイミングですね。

 

英語に興味を持ち、生活のなかでも多少慣れ親しむ機会がある時がフォニックスを始めるには良い時期。またアルファベットにはそれぞれ大文字と小文字がありますので、違いを認識することも必要です。

 

まずは簡単な英語の読み方を練習しながら、フォニックスを始めると効果的ですよ。

 

始める年齢に決まりはありませんが、語学は少しでも早い方が習得するまでの時間が短くて済みます。

 

・どんな教材を使ったらいい?

 

フォニックスは発音の理解力を高める為にとても効果があります。

 

読み方がわからない単語はそのまま丸暗記ではなかなか身につかないですよね。

 

フォニックスを学習する時にはオススメの教材がいくつかあります。

 

その一つがCDやDVDなどの視聴覚教材。

 

市販のフォニックス教材が色々販売されていますが、子供が始めるならまずは音だけでなく映像として勉強できるタイプがおススメ。

 

中学生以上や大人がフォニックスを学習するならCD付きの教本やガイドブックが良いでしょう。発音は参考になる音がないと正確に覚えられません。

 

フォニックスの教材を選ぶ時は、必ず音声付きのタイプにしましょう。

 

・フォニックスを学んだら英語は読みやすくなる?

 

フォニックスを学ぶと知らない英単語の発音がやりやすくなります。

 

聞いたことがある単語も文字として見るとピンとこない場合がありますよね。

 

でもフォニックスを知っていれば安心。では英語自体の読み取りもこれで楽になるのでしょうか。

 

アルファベットは合計で26文字。日本語に比べると文字数は圧倒的に少ないですよね。

 

アルファベットのそれぞれの音を習得すると、まず3文字単語がすらすらと読めるようになります。

 

BAG,DOG,CAT,PETなど、そこからさらにsh,thなどの子音の組み合わせを取り入れることで、さらに発音できる単語数が増えていきます。

 

結果、長い英文も読みやすくなる為、英語の発音はさらに慣れ親しんでいきますよね。 

 

・リーディングはできるけどまだフォニックスは必要?

 

英語学習にフォニックスは必ず必要だという人と、必要ないという人もいます。

 

しかし長い目でみるとフォニックスを学んだ人のほうが英語学習に対するモチベーションが高いといわれています。

 

そのためリーディングがすでにできる人、自信がある人も会話力をつける為にはフォニックスがとても大切。

 

英語は読み書きから始めるよりも、聞き取り、音と単語を認識する、そして自分の力で読むという流れの方が身につきやすいのです。

 

すでにある程度英語の読み取りができる人も、フォニックスを学ぶとさらにネイティブに近い発音ができるようになり、もっと英語学習に対しても興味を持つきっかけになることでしょう。