正しい発音がわかれば聞き取れる!発音の重要性

 

英語のリスニングを上達させるには、発音方法を身につけることがとても重要なポイントです。

 

英語は読めるけどネイティブのような発音をするのは苦手、という方が多いですよね。

 

自分が正しく発音ができないと聴き取りにも問題が出てしまいます。

 

なぜ英語リスニングが苦手なのか、その原因の一つにある発音の重要性について注目してみましょう。

 

日本もグローバル化が進み、国内にも外国人の方が増えてきました。

 

英語を話せることで自分の世界は広がります。

 

そのためにはまず英語学習の基本となる発音とリスニングの関係について理解してみましょう。

 

発音はリスニング上達のための重要なポイント 

 

英語リスニングのスキルをアップさせるには、とにかく英語を聴く習慣をつけることが基本です。 

 

しかしいくら英語と触れていてもなかなかリスニング力が上達しない事ってありませんか。

 

そんな時は少しだけ勉強方法を見直してみましょう。英語リスニングは実は発音ととても大切な関係があります。

 

英語を読めても聞き取れない人は、単語の正しい発音ができない為、音を聞いても単語として捉えることができません。

 

英単語にはカタカナ表記できない発音がたくさんあり、リスニングを繰り返し練習しても発音がわからないものはいつまでたっても吸収できないのです。

 

英語リスニングの学習をする場合は、発音も同時進行するとさらに効率よくどちらもスキルアップができますよ。

 

フォニックスで発音を覚えよう 

 

英語リスニングの基礎となるフォニックスは小さな子供が英語の発音を勉強をするときの基礎として使われています。

 

フォニックスはそれぞれのアルファベットが持つ音を理解して、一つの単語の発音として構成ができるトレーニング方法です。

 

ABCはそのまま読むとエー・ビー・シーですが、単体のアルファベットの音はア・ブッ・クッとなります。

 

例えば「CAT」キャットという単語の読み方を知らない場合。

 

フォニックス読みをとりれるとクッ・ア・トッになりつなげてクアット、キャットと読めるようになります。AからZまでそれぞれにある音をまずは練習してみましょう。

 

それによりネイティブに近い発音がしやすくなりますよ。

 

音読で発音を練習しよう 

 

正しい発音ができないと英語リスニングは上達できません。

 

そこでオススメしたい練習方法が音読です。

 

英語は読めても実際に声に出すと上手に言えない発音って意外と沢山ありますよね。

 

自分が正しく発音ができない単語は、聞いてもピンとこないのです。

 

また英語はアクセントが付く言葉のため、単語をそのまま読んでも相手に伝わらないこともあります。

 

強弱をつけることも発音の練習に必要になりますので、リスニングを同時に行いながら声に出して発音練習をしてみましょう。

 

また英語の新聞や雑誌、教科書などを自己流でも良いので、音読を繰り返し行ってください。

 

一つの文章の中では強調したい単語にアクセントをつけてアピールすることも必要です。

 

日本にいても英語学習はできる 

 

海外にホームステイや留学される方がいますが、一年ぐらい海外に行けば英語がペラペラになるだろう、と簡単に考えてはいけません。

 

せっかく高いお金をだしてホームステイしても、英語が完璧になるワケではないのです。

 

英語漬けの生活ができるメリットはありますが、日本にいても同じレベルの英語学習は可能です。

 

リスニングや発音は色々な教材がありますし、独学で日常会話ができるほど上達する人も決して少なくはありません。

 

大切なことは本人のやる気。そして効率よく英語を学ぶ環境作りが重要なポイントです。

 

英語リスニングも基礎がないと、いくらネイティブの言葉を聞いても意味は通じません。

 

リスニングと発音をバランスよくトレーニングしてみましょう。

 

自分にあった教材を使うこと 

 

発音ができるようになると、今まで苦手だったリスニングも聴き取りやすくなるメリットがあります。

 

英語の発音は誤解して覚えてしまうと、実践で相手に伝わらない場合もあります。

 

読み書きは一人でもできる英語の勉強ですが、発音やリスニングは教材を使ったほうが自分の苦手分野を把握しやすいメリットがあります。

 

無料で発音の練習ができるサイトや、映画のシーンを利用してリスニング練習をするアプリなど、楽しくゲーム感覚で勉強ができる教材も増えています。

 

英語リスニングは発音の基礎を習得してとにかく繰り返し聴くことが一番効果的な方法です。教材を色々比較して、自分にぴったりとあうものを見つけてくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。英語リスニングが苦手な人の落とし穴は発音なのかもしれませんね。

 

単語数も豊富で文章の読解力もある、けれどリスニングが上手にできないという場合、一度自分で英語の本を声に出して読んでみましょう。

 

すると意外な苦手な分野がはっきりとわかってきますよ。

 

英語の音楽や映画を見て英語を声に出して繰り返してみましょう。

 

自分で理解していない発音は頭のなかに存在しません。

 

リスニングが上達しないのは、知らない発音がたくさんあるためなのです。

 

早速今日から発音練習もしてみましょう。口の動きにも注意してネイティブのような発音を習得してくださいね。