文法を理解すればリスニング力は上がる?文法の重要性

 

英語リスニングは聞き取りのトレーニングの重要性がとても注目されますが、さらにレベルを上げるには文法との関連性を理解することも大切なポイントになっています。

 

そこで文法の重要性とリスニングの関係についてまとめてみました。

 

英会話を習得するには読み・書き・リスニング・スピーキングのすべてのバランスが取れないといけません。

 

偏った勉強方法を続ける会話力は上達しないのです。

 

そこで文法を理解してさらにリスニング上達に向けて勉強方法を少しだけ見直してみましょう。

 

聴くだけではリスニング力が伸びないのは文法力が原因なのかもしれませんよ。

 

ポイント1:聞き取りができているか?

 

 

英語リスニングのレベルは皆さん異なりますが、初心者の方は一つも単語がわからないというレベルからリスニング学習を始める方もいます。

 

英語リスニングを始める前にまず理解しておきたいのは、自分のレベルがどれぐらいなのかという点です。

 

読み書きができるからリスニング、スピーキングも簡単だろう、と勘違いしてしまうといくら英語を繰り返し聞いても上達はしません。

 

上達しない壁にぶつかってしまう人に共通する点が、自分のリスニング力を把握していないという点があります。

 

全く分からないレベルからいきなり長い文章を聞いても何処から取り掛かっていいのかすらわからない状態。

 

まずは読み書きの基礎である文法が重要なのです。

 

ポイント2:意味が分からない時の対策 

 

英語リスニングが苦手な場合の対策ですが、まずチェックしたい点はリスニングで単語や音がしっかり聞き取れているかどうかという点です。

 

しっかり聞き取れているのに意味が分からないというレベルは、文法力をつけることで英語から日本語への変換が楽になりますよ。

 

英語リスニングはとにかく聴くことが大切といわれていますが、ある程度のリスニング力がついてきたら後は日本語訳が瞬時にできるようにトレーニングをすればよいのです。

 

そのために必要になるのが文法力です。

 

全く別のスキルのように考える方もいますが、聞き取れるのに意味が分からないという問題はリーディングでさらに文法を理解するトレーニングが必要です。

 

ポイント3:文法力がリスニングの基本

 

リスニングを繰り返し聞いていれば耳が慣れてくるという場合もありますが、しかし最終的には英会話は相手の言っている意味が通じないといけませんよね。

 

単語や文章をそのまま書きだせるほどリスニング力がついても、それを日本語に変換できないのは文法の基礎力が不足している為です。

 

そこで勉強するコツが中学英語。文法の基礎をもう一度おさらいしてみましょう。

 

日本語と英語では主語と動詞の順番が異なります。日本語のように英語を理解すると全く意味が成立しなくなります。

 

逆に言えば読んでも意味が分からないものは、リスニングできても意味が分からないということです。

 

文法力は英語リスニングが上達するための大切なコツの一つなのです。

 

ポイント4:自分のレベルに合わせた教材を使うこと

 

 

英語リスニングを短期間でマスターできる教材など、とても魅力的なものがたくさん販売されています。

 

初心者の方が思わず欲しくなるようなこのタイプの教材は、誰でも同じ効果を得る訳ではありません。

 

大事なことは自分のレベルを理解して、スキルアップに合った教材を使うことです。

 

英語リスニング学習が初心者の方がいきなり聞き流すタイプの教材を使ってもなかなか身につけることはできません。

 

英語リスニングの最初のステップはまず文法と単語を理解することなのです。

 

英単語や文章を音として自然に耳に入れるためには、基礎知識がないと理解はできません。

 

ポイント5:間違ったリスニング学習方法

 

 

英語リスニング学習で多くの方が陥ってしまう失敗は、学習方法の順番が違う点。

 

英語リスニングはネイティブの会話を繰り返し聴くこと、と一般的に言われていますがそれはそのレベルにいることが条件です。

 

英語が得意でない人、これから勉強を始める方はいきなり仕上げの練習をはじめても意味がありません。

 

そこでまずは中学英語の教材などを使って文法を勉強しましょう。

 

リーディングをして意味を理解すること、そして日常的に多く使う英単語の数をどんどん増やしていきましょう。

 

この基礎ができたら英語リスニングのビギナーの教材を使い、苦手な部分を何度も繰り返して練習をしてくださいね。

 

 

いかがでしょうか。英語リスニングと文法は全く関係が無いように思われますが、初心者にとっては必ず時間をかけてマスターしたい学習ポイントです。

 

英会話の勉強をどこから初めていいかわからない時は、基礎となる中学英語の教科書を読み返してみましょう。

 

英語の基本を理解しておかないと応用はできません。リスニングは単語、文法力が備わってからのほうが早く上達できます。

 

効率よく英語リスニングのトレーニングをするためにも、基礎的な文法から勉強を始めましょう。

 

そして少しずつレベルを上げていけばよいのです。苦手を克服するごとに必ずスキルアップしていきますよ。