英語リスニングどの位聞けば聞き取れるようになる?必要時間

英語のリスニングは聴けばきくほど上達するといわれていますが、時間にすると一体どれぐらいの学習時間が必要なのでしょうか?

 

これから初めて英語リスニングのトレーニングを始める方には、だいたいの目安時間がわかると勉強の予定も立てやすくなりますね。

 

語学の勉強のはかどり具合は一人ひとり異なります。英語が好きな人にはとても吸収が早いかもしれませんが、苦手な人にとっては手ごわい勉強です。

 

しかし英語リスニングは勉強方法にちょっとした工夫を加えるだけで、短時間でも効率よく上達できるという特徴があります。

 

早速ですが、英語リスニングはどれぐらいの時間で聞き取りができるようになるかまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

 

ポイント1:目標ごとに違う時間

 

 

英語リスニングはどのぐらい練習すれば聞き取りができるようになると思いますか?

 

海外に留学をして英語漬けの生活を1年間しても、ネイティブのようにペラペラに話せるようになるとは限りません。

 

また語学は興味を持っている人、必要性があって勉強している人のほうが上達が早いとも言われています。

 

英語リスニングの目標はそれぞれ異なりますよね。

 

たとえば海外旅行で必要なレベルのリスニング力、もしくは海外で仕事をする会話力など、目的とするレベルによっても勉強時間は異なります。

 

海外旅行で必要になるリスニング力は500時間が目安といわれています。TOEICで満点を取るには1000時間程度とも言われています。

 

ポイント2:一日何時間リスニングが必要? 

 

英語リスニングは何百時間も聴き取り練習が必要です。しかし500時間のリスニングが仮に必要だとして、それをいっきにこなしても決してリスニング力が身につくとは限りません。

 

大切なことは運動と同じで少しの時間でも必ず継続することが大切なのです。

 

また英語を楽しみながら吸収すること、興味を持つことなどが上達に向けた最初のステップになります。

 

英語リスニングができるようになったら何をしたいのか、自分の目的やゴールに向けてコツコツと勉強を始めましょう。

 

ちなみに海外旅行レベルのリスニング500時間を一年でこなすと、毎日1時間半のリスニングが必要になります。

 

ポイント3:聞き流しとスクリプトを活用 

 

英語リスニングはいくら時間をたくさん費やしても、効率よくトレーニングをしないと効果がありません。

 

ただ聞き流して聴くだけで上達するという英語教材もありますが、知らない単語やフレーズは音として聞くだけでは覚えられません。

 

そこでリスニング学習をする際には、スクリプトを活用しながら聞き取る練習をしてみましょう。

 

生活に困らない英語力をつけるには3000時間程度のリスニング学習が必要といわれています。

 

この量をこなすには何年間もかかる計算になりますが、リスニングの勉強方法を少しだけ見直せば、ぐんぐん上達できる可能性がありますよ。

 

ポイント4:リスニング環境を作る

 

 

英語リスニングを上達させるコツは、とにかく毎日英語を聴く環境を作ることです。

 

生活の中で音を聞く瞬間を想像してみましょう。テレビ、ラジオ、音楽など、色々なメディで私たちは言葉を音としてリスニングしています。

 

そこで毎日習慣的に英語リスニングをするためには、生活の中に英語をとりいれることなのです。

 

テレビのニュースを英語で聞く、英字新聞を読む、英語の音楽を聴くなど、数分間の間でも何度も英語を聴く時間が増えれば、リスニング学習としてメリットになります。

 

また最近では英語リスニングのアプリも種類がたくさんありますよね。通勤や通学の途中にアプリを利用して「英語耳」にしてみませんか。

 

ポイント5:映画でリスニング勉強

 

英語リスニングはネイティブの発音とスピードが勉強にはとても効果的です。

 

実際に海外で生活をするのはとても難しいこと。でも映画を見れば日常会話のリスニングの勉強ができます。

 

そこでオススメの方法ですが映画は日本語字幕でなく、できれば英語字幕で観ましょう。

 

そうすると短いフレーズなどはすぐに頭に入りやすくなりますし、わからない部分は繰り返してスクリプトと照らし合わせて勉強ができます。

 

日本語字幕は意味を理解をするにはとても便利ですが、どうしても字幕を読むことに集中をしがちになります。

 

英語の音と英文を同時に勉強することでバランスがよいリスニング学習ができますよ。

 

まとめ

 

英語リスニングでなんども挫折感を味わった経験がある方は多いと思います。

 

失敗を繰り返しながら、自分の苦手分野を見つけ効率的なリスニング学習をはじめましょう。

 

時間をかけるほど単語数も発音も上達していきます。

 

また自分が楽しめる方法でリスニングのトレーニングをすれば、さらに吸収もしやすくなると思いますよ。

 

どんなことも嫌々ではなかなか覚えられません。

 

英語が話せるようになったらやってみたい事を想像して、実践に向けて早速英語リスニングを強化してみましょう。

 

好きになることが英語上達には大切な鍵なのです。

 

 

おすすめ関連記事一覧

 

 

聞き流すだけでは効果なし?英語聞き流しの効果と弊害

初心者の英会話学習者の人で、よくある質問にこんなことがあります。「英会話を始めようと思うのですが、よく宣伝で見かけるCDなどでただ聞いていれば英語が覚えられる、という教材がありますよね。初めてなのでどうやって英語の勉強をしたらいいのかまったくわからないのですが、聞き流すだけで本当に効果はありますか?...

≫続きを読む

英語のリスニング力向上に年齢は関係あるのか?

英語のリスニング学習を始めるのは小さいうちの方がいいといわれていますが、歳が逝ってからではなかなか上達すことは難しいのでしょうか?語学を習うには年齢が若い方がメリットにはなりますが、絶対に小さなうちから始めないと身につかないワケではありません。中学生ぐらいの年齢になると学校の英語授業も充実しています...

≫続きを読む

英検やトイックの資格取得はリスニング強化に役立つか?

就職や進学の際にとても有利になるといわれている英検やトイックですが、英語学習としてリスニング強化には効果があるのでしょうか。英検やトイックの勉強で日夜苦労されている方は大勢いると思いますが、読み書きばかりが重要視されるイメージがあるこれらの資格は、英会話力をつける為にどのぐらいメリットになるのか気に...

≫続きを読む

英語リスニングどの位聞けば聞き取れるようになる?必要時間

英語のリスニングは聴けばきくほど上達するといわれていますが、時間にすると一体どれぐらいの学習時間が必要なのでしょうか?これから初めて英語リスニングのトレーニングを始める方には、だいたいの目安時間がわかると勉強の予定も立てやすくなりますね。語学の勉強のはかどり具合は一人ひとり異なります。英語が好きな人...

≫続きを読む

なぜ英語が聞き取れないのか?原因は何?

英語が聞き取れないのは原因がある為です。根本的に日本語と英語は発音方法も違いますし、聞きなれない音が英語にはたくさんありますよね。ネイティブの人を目の前にすると緊張して全く相手の言っていることが分からないなんて経験がある人も多いでしょう。そこで早速ですが英語が聞き取れない原因を徹底解剖してみましょう...

≫続きを読む

英語と日本語では周波数が違うの?周波数の違いについて

英語の学習で注目したい点の一つが周波数。日本語と英語では周波数が違うといわれていますが、その違いは英語学習にどんな影響を与えているのでしょうか。日本人は英語が苦手な方がたくさんいますが、その理由は英語と日本語の周波数が根本的に違うことが原因のようです。色々な英語教材を買って勉強してもなぜか上達しない...

≫続きを読む

留学さえしてしまえば英語力は勝手に伸びるだろうという安易な考えに助言

英語を勉強したい為に海外へ行く方はとても多いですよね。日本語が通じない海外で生活をすれば英語力がつくのでは?と短絡的に考える人は少なくありません。しかし現実的には留学をしても英語がペラペラになるワケではないのです。高い留学費用を貯めてせっかく海外に行っても、違う文化に触れるメリットはありますが、語学...

≫続きを読む

英語のリスニングは清聴が大事?多聴が大事?清聴の効果と多聴の効果

英語リスニングの学習でよく聞く言葉が清聴と多聴。それぞれの効果の違いを理解して、英語学習に役立たせましょう。日本語と英語は基本的な発音方法が異なります。一生懸命読み書きを勉強しただけでは英語のリスニング力を高めることはできません。まず聴き取りの基本となる清聴と多聴は、バランスをとることで苦手なリスニ...

≫続きを読む