英語のリスニング力向上に年齢は関係あるのか?

 

 

英語のリスニング学習を始めるのは小さいうちの方がいいといわれていますが、歳が逝ってからではなかなか上達すことは難しいのでしょうか?

 

語学を習うには年齢が若い方がメリットにはなりますが、絶対に小さなうちから始めないと身につかないワケではありません。

 

中学生ぐらいの年齢になると学校の英語授業も充実していますので、単語や文法をどんどん吸収できる時期です。

 

このタイミングで英会話を始めれば、読み書きの基礎力がついいるためリスニングもしやすくなるメリットがあるのは間違いありません。

 

人間の耳は3歳ぐらいまで色々な音を聞き取ることができます。

 

しかし4歳〜11歳ぐらいになると、聞き取る能力が衰え始めるといわれています。

 

中学生ぐらいの年齢になると、脳が一番慣れている言語に反応するため、他の言語を聴いても頭の中で置き換えができない状態なのです。

 

しかしだからとって英語のリスニング力が向上しないわけではありません。

 

年齢は若い方がスピーディに身につけられる能力がありますが、結果的には英語のリスニング力と年齢は関係ありません。

 

効果を引き出す為には、正しいリスニング学習方法の方が大切なのです。

 

自然と耳に入る子供のころとは違い、英語漬けの生活にするなど意識した勉強法が必要ですね。

 

以下はリスニングに関する様々な質問とその回答です。

 

 

Q:30代になり英会話を始めました。英文の読み書きはそれほど心配はないのですが、聞き取りがとても苦手です。何度聞いてもわからない言葉や英文の意味を理解するのにとても時間がかかります。年齢が高くなるほどリスニング力は衰えてしまうのでしょうか?

 

A:英語学習と年齢を心配される方がとても多いですよね。趣味として英語の勉強をはじめる高齢者の方も増えています。

 

特に日本人が苦手なリスニング。年齢とともにリスニング力が衰えてしまうのはある意味本当なのですが、しかし勉強法を変えるだけで20代の時よりも吸収しやすくなる方も多いですよ。

 

30代以降になり中高年層になると聴力も徐々に衰えますよね。英語のリスニングはまず英語を音響的に理解して、それがどんな意味になるのか仮定して文章を特定することの繰り返しです。

 

音として英語をとらえるには、やはり子供のころが一番メリットにはなりますが、音響的な単語から意味を引き出すには英語の基礎力がないといけません。

 

そのため30代になっても英単語を多く知っている人の法がリスニング学習にはメリットになります。

 

なかなか上達しない原因は人それぞれですが、大人になってからの英語学習は興味を持つことも大切。「知りたい」と思う気持ちを強く持ち続けリスニング学習のモチベーションを高めましょう。

 

Q:リスニング力を強化したいと思います。現在40代なのですが今から勉強しても効果はありますか?英語耳になるにはもう遅いのでしょうか。

 

A:英語耳という言葉をよく聞くことがありますよね。英語耳とは、日本人の私達が日本語を聴いた時に日本語のまま意味をすぐに理解することと同じで、英語のまま聞き取り理解する能力の事を意味しています。

 

この英語耳になるには最低でも1000時間のリスニングが欠かせないとも言われていますが、年齢とともに理解力が減少していくような印象を誰しも受けますよね。

 

英語耳になる為には毎日3時間のリスニング勉強を1年間ほど継続しないといけません。

 

人間の脳の成長は12歳ぐらいまでといわれている為、英語学習も大人になったら無理では?と不安に思うのは仕方がありません。しかし年齢の壁をこえてリスニング力を向上させる方法は色々あるのです。

 

毎日忙しい生活の中で違う言語を学ぶのは決して楽ではありませんよね。週に1回だけ10時間勉強しても意味がなく、英語は毎日コツコツと蓄積させることが向上させるポイント。そのためには楽をしながら行う「ながら時間」を活用する良いでしょう。

 

リスニング力をつけるには、年齢に合った学習方法を見極めることが大切です。

 

 

Q:リスニング力をつけるには、何歳から勉強したらいいのでしょうか?

 

A:幼児の英会話があちこちでブームになっています。早期の英会話が効果があると皆さんと思っているようですが、始めるタイミングによってはデメリットになる場合もあります。

 

英語のリスニング力を効率的に吸収するには5歳ぐらいまでが効果的といわれています。

 

しかしあまり早すぎると日本語能力に遅れが出てしまう場合もあり、また英語を強制的に勉強させられ嫌いになる子供もいます。

 

英会話で大切なリスニング力は年齢が若い方が学習がしやすい点はありますが、始める年齢が何歳でも実は関係はありません。

 

子供のころから英会話を勉強してもまったく身につかない子供もいますし、大人になってものすごい速さで習得する方もいます。

 

特に大人になってからの英語学習はみなさんが目的を持って行う為、勉強のコツさえつかめば何歳になっても向上する可能性があるのです。

 

無理やり勉強する20代よりも、ヤル気でいっぱいの50代の人のほうが圧倒的に効率的に英語学習ができます。英会話を始める年齢よりも自分にあった学習法を見つけることが大切ですね。

おすすめ関連記事一覧

 

 

聞き流すだけでは効果なし?英語聞き流しの効果と弊害

初心者の英会話学習者の人で、よくある質問にこんなことがあります。「英会話を始めようと思うのですが、よく宣伝で見かけるCDなどでただ聞いていれば英語が覚えられる、という教材がありますよね。初めてなのでどうやって英語の勉強をしたらいいのかまったくわからないのですが、聞き流すだけで本当に効果はありますか?...

≫続きを読む

英語のリスニング力向上に年齢は関係あるのか?

英語のリスニング学習を始めるのは小さいうちの方がいいといわれていますが、歳が逝ってからではなかなか上達すことは難しいのでしょうか?語学を習うには年齢が若い方がメリットにはなりますが、絶対に小さなうちから始めないと身につかないワケではありません。中学生ぐらいの年齢になると学校の英語授業も充実しています...

≫続きを読む

英検やトイックの資格取得はリスニング強化に役立つか?

就職や進学の際にとても有利になるといわれている英検やトイックですが、英語学習としてリスニング強化には効果があるのでしょうか。英検やトイックの勉強で日夜苦労されている方は大勢いると思いますが、読み書きばかりが重要視されるイメージがあるこれらの資格は、英会話力をつける為にどのぐらいメリットになるのか気に...

≫続きを読む

英語リスニングどの位聞けば聞き取れるようになる?必要時間

英語のリスニングは聴けばきくほど上達するといわれていますが、時間にすると一体どれぐらいの学習時間が必要なのでしょうか?これから初めて英語リスニングのトレーニングを始める方には、だいたいの目安時間がわかると勉強の予定も立てやすくなりますね。語学の勉強のはかどり具合は一人ひとり異なります。英語が好きな人...

≫続きを読む

なぜ英語が聞き取れないのか?原因は何?

英語が聞き取れないのは原因がある為です。根本的に日本語と英語は発音方法も違いますし、聞きなれない音が英語にはたくさんありますよね。ネイティブの人を目の前にすると緊張して全く相手の言っていることが分からないなんて経験がある人も多いでしょう。そこで早速ですが英語が聞き取れない原因を徹底解剖してみましょう...

≫続きを読む

英語と日本語では周波数が違うの?周波数の違いについて

英語の学習で注目したい点の一つが周波数。日本語と英語では周波数が違うといわれていますが、その違いは英語学習にどんな影響を与えているのでしょうか。日本人は英語が苦手な方がたくさんいますが、その理由は英語と日本語の周波数が根本的に違うことが原因のようです。色々な英語教材を買って勉強してもなぜか上達しない...

≫続きを読む

留学さえしてしまえば英語力は勝手に伸びるだろうという安易な考えに助言

英語を勉強したい為に海外へ行く方はとても多いですよね。日本語が通じない海外で生活をすれば英語力がつくのでは?と短絡的に考える人は少なくありません。しかし現実的には留学をしても英語がペラペラになるワケではないのです。高い留学費用を貯めてせっかく海外に行っても、違う文化に触れるメリットはありますが、語学...

≫続きを読む

英語のリスニングは清聴が大事?多聴が大事?清聴の効果と多聴の効果

英語リスニングの学習でよく聞く言葉が清聴と多聴。それぞれの効果の違いを理解して、英語学習に役立たせましょう。日本語と英語は基本的な発音方法が異なります。一生懸命読み書きを勉強しただけでは英語のリスニング力を高めることはできません。まず聴き取りの基本となる清聴と多聴は、バランスをとることで苦手なリスニ...

≫続きを読む