なぜ英語が聞き取れないのか?原因は何?

英語が聞き取れないのは原因がある為です。

 

根本的に日本語と英語は発音方法も違いますし、聞きなれない音が英語にはたくさんありますよね。

 

ネイティブの人を目の前にすると緊張して全く相手の言っていることが分からないなんて経験がある人も多いでしょう。

 

そこで早速ですが英語が聞き取れない原因を徹底解剖してみましょう。

 

自分が苦手に思っていることは何か、リスニング力をアップするために必要なことは何か。効率よく英語学習をするためのノウハウについてまとめてみましまた。

 

誰にとっても課題になる英語のリスニング。気になる聞き取れない原因をご紹介します。

 

その1:単語力が不足している

 

 

英語をはじめて学習する人がいきなり長文を聞いても聞き取れないのは当たり前ですよね。

 

英語が聞き取れない原因はそれぞれのレベルによっても異なります。まずリスニング力を鍛えるためには単語を知らないといけません。どうしてもスペルばかりが気になってしまいますが、単語を覚える時は必ず発音も勉強しておきましょう。

 

言葉は視覚的に記憶することと同時に音としても覚えないといけません。また単語の発音はネイティブの音で覚えないと、英文になった時に知っている単語が拾えないという場合もあります。

 

単語は読めて書けるけど聞き取れない、という方が実に多いのは単語自体の発音を身につけていない為なのです。

 

その2:文法力が不足している 

 

英語の単語数もそこそこ知っているけど、文章になると聞き取れないという方もいます。それは文法力が不足している為で、文章の構成ができないために一つのフレーズが全く意味を持たないものになっています。

 

単語自体の意味は知っているけど文章になると意味が分からない、ほかの単語との組みあわせが理解できないという場合があります。

 

例えば「Crazy」という単語。この単語だけの意味だと頭がおかしいという意味になりますが「I am crazy 私は頭がおかしい」と「I am crazy for you あなたに夢中」では全く意味が異なります。

 

単語は独立しての意味と文章の中での意味合いが変わりますので、英語が聞き取れても文章の構成が基礎的にできないと意味が理解できないのです。

 

その3:リスニング力が不足している 

 

英語が聞き取れない原因はリスニング力不足。単語も文章構成もわかるけど聞き取れないという方は、とにかくリスニングを繰り返して英語の発音を耳に慣らしていくことが大切です。

 

単語力と文章力がつけば後は繰り返し英語を聞く練習をすれば自然と発音も理解しやすく、文章として意味が通じるようになります。

 

リスニング力を高めるためにはとにかく英語を聞く習慣をつけることです。映画を字幕なしで聞き取る、英語の音楽を聴くなど習慣的にトライしてみましょう。

 

ネイティブの英語は単語を一つひとつ区切って発音しない場合があります。たとえば「get you」という二つの単語はそれぞれ分けるとゲット ユーになりますが発音では二つの音がリンクしてゲッチューになりますよね。このような発音はとにかく英語を聞く機会を増やすことでスキルアップができますよ。

 

その4:日本人が苦手な発音の種類

 

英語は日本語にはない発音をする単語がたくさんあります。どうしても英語をカタカナ読みしてしまうと英語が聞き取れなくなる原因です。

 

例えは、Thで始まる単語。舌を挟むようにして出すこの発音は日本にはありませんよね。そのため聴き取れない、また発音ができないという方が大変多いのです。

 

同じように「R」の発音も日本人には大変苦手なものの一つです。舌を巻いて発音する「R」は「L」のようにカタカナのラ行の音のように理解してしまうと聞き取りを間違える原因です。

 

また「V」と「B」の発音の違いにも注意しましょう。これらの苦手な英語の発音を集中してリスニングの練習をするともっと聴きとりがしやすくなります。

 

その5:リラックスが大事

 

英語が話せない、という不安は実際にネイティブを相手にしたときに緊張して頭が真っ白になる原因です。

 

せっかく会話ができるスクルを身につけてもリラックスして相手の言葉を聞き取らないと、いつまでたっても英会話力が向上しないのです。

 

そこで英語の聞き取りの練習をする時はまずリラックスすること。恐怖心をなくして落ち着いて聞き取れるように、マインドコントロールをしましょう。

 

 

いかがでしょうか。英語が聞き取れない原因は色々ありますが、しっかり会話力をつけるには基本になる単語の勉強から始めることがオススメです。

 

英語の雑誌や新聞などの活字を通して英単語をどんどん吸収してみましょう。そして一つのフレーズとして文章を覚えるとリスニングにもたいへん役に経ちますよ。

 

小さな子供がまずはじめに勉強するフォニックス。アルファベットのそれぞれの発音も習得しながら聴きとりの練習をしてくださいね。最近では英語学習のアプリや教材も沢山ありますので、上手に活用して毎日英語漬けの生活を早速はじめてみましょう。