聞き流すだけでは効果なし?英語聞き流しの効果と弊害

 

初心者の英会話学習者の人で、よくある質問にこんなことがあります。

 

「英会話を始めようと思うのですが、よく宣伝で見かけるCDなどでただ聞いていれば英語が覚えられる、という教材がありますよね。初めてなのでどうやって英語の勉強をしたらいいのかまったくわからないのですが、聞き流すだけで本当に効果はありますか?」

 

 

回答

 

聞き流すだけの英語学習は、その人のレベルによって効果が違います。
全く英語ができないビギナーの人が聞き流し学習を始めても、上達する可能性は少ないと思います。

 

英語がはじめてならば、理解できる英語を何度も繰り返し聞き流すことは効果があります。聞き流す英語学習はある程度会話の中で単語が拾えるようなレベル、中級もしくはそれ以上のレベルになると効果が出やすいと思いますよ。

 

リスニングは英会話の中でもとても大切な部分ですが、勉強方法を慎重に選択しないと全く身につかない場合もあります。

 

ビギナーの方は聞き流しをする前に中学生英語レベルからまずは勉強すると良いでしょう。もしくは簡単な聞き流しで、単語がはっきりと聞き取れるような練習が効果があると思います。

 

初心者には聞き流しは効果なし?

 

初心者の方が知らない英語を聴いても、それは単なる雑音にしか聞こえません。

 

英語は私達の生活の中で触れる機会が色々ありますので、誰でも多少の単語は知っていますよね。リスニングを繰り返せば英語が上達になるという教材が魅力的に見えるのは仕方がありません。

 

しかし英語のような馴染みのある言語ではく、たとえばアラビア語を聴いたとしましょう。単語一つも知らない言語をただ繰り返し聞いても、単語として頭で認識することはできません。

 

BGMを聴いている時のように、ただ音が耳に入ってくるだけ。そのため全くのビギナーの方には聞き流すだけのリスニング学習方法はあまりオススメではありません。

 

聞き流しで上達できるのもケースバイケース。これで飛躍的にリスニング力が向上する人もなかにはいます。

 

聞き流しで上達するにはどうしたらいい?

 

聞き流しで上達するためには、先ず英語として頭が認識するように発音の基礎を習得することが大切ですね。

 

読める単語があっても実際のネイティブの発音とは全く違う場合があります。そこで初めて聞き流しをする場合は、効果を引き出す為にゆっくりのスピードから始めると良いでしょう。

 

簡単なフレーズを何度も繰り返し聞き取り、単語の組み合わせを理解していくこと。すぐに理解はできないと思いますが、聞き取れる単語やフレーズが増えていく事に徐々にリスニング力も付きやすくなっています。

 

特にビギナーの方は理解できる英語を何度も聞き流す練習がとても有効です。もしくテキストを読みながら音声を聞くと、英文としての意味と発音が一緒に理解しやすくなりますよ。

 

聞き流しが向いている人って誰?

 

近年ブームになっている聞き流しの英語教材。これでやっと英会話ができるようになる、と飛びついてしまう人は多いですよね。

 

苦手な英語をただひたすら聞いていれば上達する、というのは夢のようなこと。

 

しかしリスニングの練習として聞き流しがとても効果がある場合もあります。それは中級以上レベルの人。英語の基礎がある程度できあがっていれば、英語を聞き流す練習はとても効果的です。

 

ゆっくりの会話から徐々にスピードを上げて色々な表現方法を学んだり、話し方の癖の違いを見極めるなど会話の応用としての練習ができます。中級以上になると知っている英単語の数やフレーズの数も多い為、ビギナーにとって単なる雑音でも中級以上になるとしっかり英語として認識できるようになるのです。

 

正しいリスニング方法は?

 

聞き流す練習は身に着ける為の工夫が必要ですね。正しいリスニングの練習として聞き流しを取り入れる場合は、聞いてなんとなく内容がイメージできるものを選ぶこと。一つのストーリーを聞いて内容が8割程度わかるぐらい理解できるものから始めましょう。

 

少し簡単に感じる程度のものが一番最適ですね。その理由はわかりやすい内容ならば挫折せずに興味を持てること、そして簡単だと色々な単語を聞き取れる、わからない単語を見つけやすいなどのメリットがあります。

 

日常的に使用されている英単語やフレーズなどは決して難しいものでなく、簡単な英語がほとんど。多くの方が英語学習のハードルがとても高く感じていると思いますが、実際には自分のレベルに合った勉強方法を選択すれば決して難易度は高くないのです。

 

聞き流しの効果を理解しておくこと

 

聞き流しだけで本当に効果があるの?と疑問を感じる方は大勢いますよね。繰り返しCDを聴くだけで英語がペラペラになれる、という宣伝文句に思わず騙さた経験がある人も少なくないハズ。

 

しかし実際は英語を聞き流しても思ったほど効果がない場合が多いのです。聞き流し学習をするためには専用の教材を使用するか、英語の音楽やラジオなどを聴く方法があります。

 

効率的にする為には「何を聞き流すか」が一番大切なポイント。まったく自分のレベルに合わないものや、興味がもてないジャンルのモノではモチベーションが下がってしまいますよね。

 

聞き流しは勉強方法を工夫すれば効果は必ずあります。習得するための英語基礎学習や聞き流し教材を慎重に選択してみましょう。

おすすめ関連記事一覧

 

 

聞き流すだけでは効果なし?英語聞き流しの効果と弊害

初心者の英会話学習者の人で、よくある質問にこんなことがあります。「英会話を始めようと思うのですが、よく宣伝で見かけるCDなどでただ聞いていれば英語が覚えられる、という教材がありますよね。初めてなのでどうやって英語の勉強をしたらいいのかまったくわからないのですが、聞き流すだけで本当に効果はありますか?...

≫続きを読む

英語のリスニング力向上に年齢は関係あるのか?

英語のリスニング学習を始めるのは小さいうちの方がいいといわれていますが、歳が逝ってからではなかなか上達すことは難しいのでしょうか?語学を習うには年齢が若い方がメリットにはなりますが、絶対に小さなうちから始めないと身につかないワケではありません。中学生ぐらいの年齢になると学校の英語授業も充実しています...

≫続きを読む

英検やトイックの資格取得はリスニング強化に役立つか?

就職や進学の際にとても有利になるといわれている英検やトイックですが、英語学習としてリスニング強化には効果があるのでしょうか。英検やトイックの勉強で日夜苦労されている方は大勢いると思いますが、読み書きばかりが重要視されるイメージがあるこれらの資格は、英会話力をつける為にどのぐらいメリットになるのか気に...

≫続きを読む

英語リスニングどの位聞けば聞き取れるようになる?必要時間

英語のリスニングは聴けばきくほど上達するといわれていますが、時間にすると一体どれぐらいの学習時間が必要なのでしょうか?これから初めて英語リスニングのトレーニングを始める方には、だいたいの目安時間がわかると勉強の予定も立てやすくなりますね。語学の勉強のはかどり具合は一人ひとり異なります。英語が好きな人...

≫続きを読む

なぜ英語が聞き取れないのか?原因は何?

英語が聞き取れないのは原因がある為です。根本的に日本語と英語は発音方法も違いますし、聞きなれない音が英語にはたくさんありますよね。ネイティブの人を目の前にすると緊張して全く相手の言っていることが分からないなんて経験がある人も多いでしょう。そこで早速ですが英語が聞き取れない原因を徹底解剖してみましょう...

≫続きを読む

英語と日本語では周波数が違うの?周波数の違いについて

英語の学習で注目したい点の一つが周波数。日本語と英語では周波数が違うといわれていますが、その違いは英語学習にどんな影響を与えているのでしょうか。日本人は英語が苦手な方がたくさんいますが、その理由は英語と日本語の周波数が根本的に違うことが原因のようです。色々な英語教材を買って勉強してもなぜか上達しない...

≫続きを読む

留学さえしてしまえば英語力は勝手に伸びるだろうという安易な考えに助言

英語を勉強したい為に海外へ行く方はとても多いですよね。日本語が通じない海外で生活をすれば英語力がつくのでは?と短絡的に考える人は少なくありません。しかし現実的には留学をしても英語がペラペラになるワケではないのです。高い留学費用を貯めてせっかく海外に行っても、違う文化に触れるメリットはありますが、語学...

≫続きを読む

英語のリスニングは清聴が大事?多聴が大事?清聴の効果と多聴の効果

英語リスニングの学習でよく聞く言葉が清聴と多聴。それぞれの効果の違いを理解して、英語学習に役立たせましょう。日本語と英語は基本的な発音方法が異なります。一生懸命読み書きを勉強しただけでは英語のリスニング力を高めることはできません。まず聴き取りの基本となる清聴と多聴は、バランスをとることで苦手なリスニ...

≫続きを読む