英語と日本語では周波数が違うの?周波数の違いについて

英語の学習で注目したい点の一つが周波数。日本語と英語では周波数が違うといわれていますが、その違いは英語学習にどんな影響を与えているのでしょうか。

 

日本人は英語が苦手な方がたくさんいますが、その理由は英語と日本語の周波数が根本的に違うことが原因のようです。

 

色々な英語教材を買って勉強してもなぜか上達しない。ずっと英会話教室に通っていても一向にしゃべれない。そんな悩みを抱えている方は意外と多いのです。

 

また海外生活を長くしても英語が上手に話せない人も決して少なくはありません。

 

早速ですが、英語が持つ周波数の特徴についてまとめてみました。

 

大脳が感知する言葉の周波数

 

 

言葉を感知する大脳言語野では特定の言葉しか言語として捉えることしかできません。生まれてからずっと同じ言葉で生活をしていると、大脳ではその特定の言語に反応するようになるのです。

 

そこでポイントになるのが周波数。英語は日本語が持つバスバンドを超える高い周波数になっている為、日本人には言語としてと捉えにくいという特徴があります。

 

日本語の周波数以外を持つ外国語は日本人の耳に入っても音として捉えることができても、言語として感知ができません。

 

しかし日本人でも海外で生まれて育った人は外国語の周波数で大脳が反応するため、自分の言語周波数には敏感に対応できるのです。

 

英語と日本語の周波数の違い

 

英語と日本語の周波数の違いについてご紹介しましょう。

 

そもそも私達人間の耳で聞き取れる周波数は16ヘルツから1万6000ヘルツぐらいの幅があるといわれています。

 

ヘルツとは1秒間に100回の振動を起こすもので、その振動が音として耳に入ってきます。その音は聴覚神経を通じ大脳で認識されて、言葉なのが雑音なかなど音の種類分けが行われます。

 

言語にはそれぞれヘルツがあり、日本語は外国語と比べると周波数が低いことが特徴です。日本語の周波数は125ヘルツから1500ヘルツに対して、英語は2000ヘルツから1万2000ヘルツと大変その数値も異なるのです。

 

周波数は年齢が10歳ぐらいまでに聴覚機能として成り立ちます。そのため子供のほうが外国語を覚えやすいという特徴があるのです。

 

ぞれぞれの周波数の特徴について

 

 

では異なる周波数にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

まず日本語が持つ低周波数には音楽のリズム感と関係しています。

 

中周波数には言葉を記憶する力、コミュニケーションなどとの関連があり、英語が持つ高周波数には言語の子音を感知するという特徴があります。

 

音楽のジャンルでいうと、英語の高周波数はクラシック音楽と共通するものがあり、芸術性をアピールする特色も持っています。

 

同じアジアの言語の一つ中国語は周波数が日本語よりも幅が広いため、中国人のほうが日本人よりも英語が上達するのが早いともいわれています。

 

子音と母音のバランスについて

 

 

日本語の特徴として、母音の後ろに必ず子音が付くという点があります。

 

しかし英語はそれに対して子音だけの言葉もあるため、低周波数の日本語を理解する私達にとっては聞きなれない音として判断されてしまいます。

 

母音とはアイウエオの音で、それ以外の音は子音と呼ばれています。日本語をローマ字表記するとわかりますが、ka ki ku ke koのように必ずアイウエオの音が一緒になっていますよね。

 

しかし英語には母音の発音でもあいうえおのようにはっきりした発音以外に、「あ」と「え」の中間の発音をする言葉があるなど、日本語に比べると曖昧な音がたくさんある点もリスニングの壁となっていますね。

 

リスニングを鍛えるには聴く力が必要

 

 

英語の周波数の違いを理解して、さらにリスニング学習を効率的に行いましょう。

 

大人になってから違う言語を学ぶのは楽しいことですが、なかなか効果が実感できない現実があります。

 

英語が持つ高周波数に慣れるためにはとにかく聴く力をつけることがポイントになります。

 

大脳が反応する言語の周波数帯は大人の場合はほぼ完成されていますが、しかし訓練をすれば英語を言語として感知できる新しい神経ネットワークを作る事が可能です。

 

そのためにも英語を習慣的に聴くこと、日本語にない発音に慣れていく点などが今後のリスニング学習の大切なカギとなっているのです。

 

英語がどうしても話せない。そんな悩み改善にはとにかく聴く力をつけましょう。

 

 

いかがでしょうか。英語と日本語の周波数の違いは、語学を勉強する際にも大変影響しているのです。

 

自分だけが英語が話せないという心配を持っている方。決して一人だけではありません。

 

生まれた時から日本語を話している人にとっては、周波数の違いにより英語は感知しずらい言語なのです。

 

しかしまだ諦めないでくださいね。英語が得意になるには高周波数の音に慣れていけばいいのです。

 

英語を繰り返し聞いたり、クラシック音楽で耳を慣らしていくのもよいかもしれませんね。

 

日本人には学習能力とは関係なく、英語が苦手な根本的な原因があったのです。