英語のリスニングは清聴が大事?多聴が大事?清聴の効果と多聴の効果

 

英語リスニングの学習でよく聞く言葉が清聴と多聴。それぞれの効果の違いを理解して、英語学習に役立たせましょう。

 

日本語と英語は基本的な発音方法が異なります。

 

一生懸命読み書きを勉強しただけでは英語のリスニング力を高めることはできません。

 

まず聴き取りの基本となる清聴と多聴は、バランスをとることで苦手なリスニング力を鍛えるポイントになります。

 

なかなか力が伸びずに悩んでいる方、今よりももっとスキルアップをしたい人はまず清聴と多聴の効果の違いについて理解してみましょう。

 

ポイント1:清聴の効果について

 

 

リスニングの基礎となる清聴とは、単語の意味や発音、構造などを注意しながら理解するという学習方法です。

 

苦手な部分を何度も繰り返して聴き取ることでリスニング力を高めるトレーニング方法の一つです。

 

清聴の学習効果としては、発音や単語、文法などがしっかり理解できるようになる点で、リスニングのトレーニングには欠かせない方法の一つです。

 

英語学習のビギナーにはまず清聴から始めることが効果的といわれています。

 

はじめに英語の音自体の仕組みを理解することで、徐々に英語耳を作るという目的があります。

 

清聴のトレーニングを続けると今までまったくチンプンカンプンだった英語がはっきりと理解できる音として耳に入ってきますよ。

 

ポイント2:多聴の効果について

 

 

英語リスニングで清聴をマスター次は多聴のトレーニングを始めましょう。

 

多聴とは文章の全体的な構造を理解して意味を捉える効果があります。

 

清聴と異なるのはリスニングの質を高めるのでなく、多聴は量を増やす目的があります。

 

英語の文章をたくさんリスニングすることで、全体的な英語の意味を理解する学習方法です。

 

メリットは効率的にリスニングの学習ができる点や、英語の理解速度がとても速くなる点があります。

 

しかし大量な情報を短時間で処理する為に、考える時間が持てない為リスニング力の質を向上させるには不足してしまうという一面もあります。

 

そのため清聴と多聴はバランスよくそれぞれのメリットを生かして勉強することがポイントなのです。 

 

ポイント3:初心者には清聴が大事

 

 

英語リスニングは、一人ひとり苦手な部分が異なります。

 

清聴と多聴のどちらかに偏った学習を続けているとなかなかリスニング力が上がらない場合があるのです。

 

繰り返し英語リスニングのトレーニングしても、どうしても聴き取れない部分ってありませんか?この場合は何十回聴いても効果がありません。

 

スクリプトを見ないと単語や文章の構成がわからないのです。

 

そこで初心者の方はまず英語リスニングでどこが自分の苦手部分なのか把握しましょう。

 

単語不足か文章力不足なのか、その苦手部分を知るためにも清聴学習がとてもメリットになるんです。

 

数回聞いてもわからない部分は、何でわからないのかまずが原因を知ることが大切です。

 

ポイント4:二つの効果の違いを理解しよう

 

 

清聴と多聴はそれぞれ効果が違いますが、どちらもメリットを生かして学習に取り入れることが必要です。

 

英語学習は偏りがちになるので、バランスよく勉強することが必要ですね。

 

清聴はリスニングの基本で、多聴はそのスキルをさらにアップさせる効果があります。

 

清聴で理解できるようになった単語や英文は、スクリプトが違っても聴き取れるようになります。

 

初心者がいきなり多聴をはじめても、そこで挫折感を味わうだけ。

 

徐々に単語量や文章力をつけるためには、はじめのステップになる清聴をしっかり行うことが重要なのです。

 

色々な教材もありますが、基礎から始める意識を持ち少しずつレベルを上げるように勉強を進めましょう。

 

ポイント5:清聴と多聴、結局はどちらも大切

 

 

学校の英語授業ではまず読み書きの学習から始まりますが、これは英会話の基礎としてとても大切な部分です。

 

学校の英語授業が得意でも、英会話が苦手という方は意外と多いですよね。

 

そこで中学の基礎英語からまずはしっかり基礎をつけましょう。

 

単語や文法を理解して清聴トレーニングをはじめてください。

 

聴き取れない単語を無視せずに全文が理解できるまで何度も繰り返しリスニングをしましょう。

 

そしてさらに実践で役にたつ英語力を身につけるために、多聴で仕上げをするのです。

 

清聴と多聴はバランスよく自分のレベルに合わせて取り入れましょう。はじめのハードルを越えることで、英会話に対してもさらに興味がわいてくるはずです。

 

 

いかがでしょうか。清聴と多聴の効果の違いを上手に活用して、英語のスキルアップをしてくださいね。

 

初めての方は多くの教材は必要ありません。同じものを繰り返し聴き取り、完璧に理解できるようになったら徐々に教材も増やしていきましょう。

 

英語は耳が慣れることが重要なポイントです。

 

真剣に覚えたいと願う方は毎日続けて英語を聴く環境を整えることがとても大切なのです。

 

苦手な発音やわからない単語も一度理解できれば後はずっと簡単に耳に入るようになります。

 

はじめはとにかく「繰り返し」を意識して英語のリスニング学習をしましょう。