なぜネイティブの英語は聞き取れないの?理由と対策

ネイティブ英語がなかなか聞き取れない理由はいったい何故でしょうか。

 

もっと聞き取れるようにするための対策をご紹介したいと思います。

 

 

日本人が話す英語のほうが聞き取りやすいという方も多いと思いますが、その違いはやはり発音にあるようですね。

 

英会話を実践で役立たせる為にはネイティブ英語を上手に理解できるようにならないといけません。

 

なぜ聞き取りにくいのか、その原因とともに効果的な対策をご紹介したいと思います。

 

英語が苦手な方、これから勉強を始める方、ネイティブ英語で効率よくレベルアップしていきましょう。

 

最大の原因は聞き取りにくい発音

 

 

ネイティブ英語が日本人に聞き取れない理由の一つに、発音のなかで聞き取りずらい音があるという点があります。

 

日本の学校英語教育では読み書きが中心になっていますので、文章を読めば意味が分かるという人は多いですよね。

 

しかしネイティブば文章を読んだ場合、まったく私達の耳には違ったものに聞こえてしまうのです。その大きな原因が日本語にはない発音がある為です。

 

どうしても日本人にとっての英語は単語一つひとつが独立した文章として記憶されてしまうため、発音もそれぞれ独立して聞こえるものだと勘違いしています。

 

ネイティブ英語では、単語の最後の子音と次の単語の母音がつながって発音する場合など、日本語のように単語ごとに区別して発音をしていません。

 

アクセントのつけかた

 

単語を読めても発音の抑揚のつけかたでは全く違う言葉に聞こえますよね。

 

日本語ではカタカナがありますが、英語をカタカナ読みする習慣があるとネイティブのアクセントとは全く違うものになります。

 

そのため同じ単語でもネイティブ英語だと全く聞き取れない原因になっています。

 

たとえば「Afghanistan」そのまま日本語のカタカナ読みをするとアフガニスタンと単調に読んでしまいますが、英語の発音では「ガ」にアクセントがつくため、ネイティブが発音すると最初のアフの部分が聞き取れずガニスタンという風に聞こえます。

 

それぞれの単語の抑揚のつけかたはとにかくリスニングを練習して色々な単語を覚えることが大切です。

 

意味が分からない 

 

ネイティブ英語が聞き取れないのは音として聞こえてくるけれど、英語から日本語への変換ができないという原因があります。

 

この問題の対策としては単語量を増やす事です。

 

いくら発音がわかっても単語を知らなければ意味が成立しませんよね。

 

日常英会話では日本の中学英語レベルの単語数があれば十分にできるといわれています。英語の基本的な知識からもう一度勉強しなおしてみましょう。

 

それぞれの単語の意味、発音などは短い英文をから始めると徐々に量を増やしていけますよ。長い英文の場合は、いくつかに区切りながら意味が分からない場所をよく把握してみましょう。

 

二つの単語が一つになる

 

 

ネイティブ英語が聞き取れない理由は、二つの単語が一つになって発音するものが多い為です。

 

一例をあげますと、want toという二つの単語はそのまま読むとウォント トゥと読みますが、ネイティブ英語ではwant to はwanna ワナと日常会話では発音することがあります。

 

これと同様に、going toゴーイング トゥを gonna ガナと発音、 got to ガット トゥとをgotta ガタと発音します。

 

英語は基本的にカタカナでは読み方が表記できない単語もたくさんあり、特に二つの単語が一つになるものに関しては、日常会話を多く聞きこなし、発音のコツを習得していくことがポイントです。

 

知ってると得する日常会話で多いリエゾン

 

 

リスニング学習でよく言われるリエゾンという言葉がありますが、これは単語の最後の音が次の単語の頭とつながることを表しています。

 

日本人がネイティブ英語を聞き取れない理由の一つにリエゾンに慣れてないという点があります。

 

⇒リンキング・リエゾンって何?記事

 

そこで日常的に使われている発音をご紹介しましょう。can I キャナイ look out ルッカウト in a インナ have a ハヴァ what I  ワライ kind of カインダ talk about トーカバウ tell him テリム make it up メイキラップ  give me ギミ などがあります。また良く使われるフレーズでは I need you アイニージュー  How is it going?  ハウジッゴーインなど、頻繁に使う表現からまずは制覇してみましょう。

 

ネイティブ英語が聞き取れなくても、リスニング学習を続ければ徐々に苦手分野を克服することが大切できます。

 

ネイティブ英語は緊張して頭が真っ白になってしまいますよね。まずは自信を持ってしっかりリスニングをすることが大切です。

 

英語字幕で映画を見たり日常的な生活で使われる英会話に触れる環境を作りましょう。

 

英語も日本語と同様に流行する言葉や言い方などがあります。次々に変化する言葉の量はまず基本から抑えていきましょう。

 

ネイティブの英語はネイティブが話す英語をリスニングすることが上達するポイントですよ。